in 介護とストレスマネージメント

家族の「 老い 」を受け入れる…

-0 COMMENT

おはようございますニコ


お盆も今日で終わりですね… (お休みはまだまだ続いてる方もいらっしゃるでしょうが)


私も、いつもなら、必ず愛知の実家に帰省して、

庭の草取りや、お墓参りに行くのですが、


今年はどうしても、私と主人のスケジュールが合わず、

結婚して初めて、お盆に帰省することができませんでしたぐすん

(そのかわりに、9月のお彼岸に帰ることにしましたが )


主人の両親はすでに亡く、

私の両親も随分と年をとり、


特に母は、数年前から軽い認知症が始まっていましたが、

今月に入って、とうとう本格的な認知症となってしまいました…



         7b156e29b5cadeb012899076e480fc8d.jpg

         

                  綺麗なものが大好きな母でしたが、一切、興味を持たなくなりました…



自身の親が認知症になるのは、とてもショックなことで、


私も、同居していた義父(主人の父)が認知症になってしまった時は、

心だけでなく、身体も参ってしまった経験があります。


ただ、義父の介護経験があったためか、

自分自身の、実の両親の、「 老いによる衰え 」は、すんなりと受け入れることができたようで、


今回の母の認知症も、義父の時ほどのショックを受けることはありませんでした。


        566ce46877524a189efa626da8a940cc.jpg


また、母の場合は、兄夫婦と優しい孫たちが同居して、しっかりと見守ってくれているので、

私が不安になる要素などありませんし、


ましてや、同居してくれている兄嫁は介護のプロ(ケア・マネージャーさん)なので、

もう、全てお任せ状態で、本当にありがたいことです。


ただ、もしも、自分が介護経験がなく、

近しい家族が認知症になるという経験が、初めてのことであったら、

もの凄くショックを受けていたであろうことは、想像できます。


認知症になられた親御さんを目の当たりにして、

ご家族は大変なショック状態となり、

その現実(親御さんが衰えてしまったという)を、

受け入れがたくなってしまうことは、多々あるでしょう。


ただ、自分もそうでしたが、

これは、もう受け入れるしかありません。


         8fed9ef13904fb85b6b12092c269a465.jpg


親御さんが、老いて、身体機能が衰えていくことを、

そして、そう遠くない未来に、旅だっていくのだという現実を、

まずは受け入れないことには、

心の平安は得られないように思えます…


介護の第一歩は、

親の「 老い 」を、しっかりと受け止め、

受容することから始まるのかもしれません…





スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment