in アロマテラピー

「 いい香り~ 」って、言ってもらえるのは嬉しいです…

-0 COMMENT

おはようございますニコ


ここ数日、横浜は 「 どんよりくもり 」した日が続いておりますが、

そんな時こそ、「 爽やかな香り 」でリフレッシュをしたいところ…


アロマテラピーの資格取得講座などで、


「 全ての人に好かれる(または嫌われない)香りは、何ですか? 」

みたいな質問を、よく聞かれるのですが、

これは難しい。



c25cac495dcf72433cba045250fcce33.jpg


「 香りの好み 」というのは、本当に一人一人違いますし、

育った国や文化によっても、かなり違いがでてきます。


ですので、

「 誰にでも好かれる香り 」を作るのは、非常に難しいことになってきます。


                      d0b53dc06d2a5e7c0808e7ca0f3ef8cd.jpg

                      ※レモンなどの柑橘系の香りは、万人に好かれる香りですが…


それでも、どうしても、

「 ほとんどの人が好きな香り 」を作らなければならない場合は、


「 精油を数種ブレンド 」して、

「 特徴のある香りにしない 」と、割と、多くの人に好まれる香りになります。


私は、手作り石けんを作るのですが、

私の作る石けんの香りも、多くの方に、

「 いい香り~ 」と言っていただけるのですが、

決まって、

「 これ、何の香り? (何の香りかわからないんだけど) 」と、必ず聞かれます。



        ※お部屋に飾っておくだけでも、いい香りがするのだそうほっこり


つまり、「 特徴のない香り 」を作っているので、

「 何の香りだか、わからない 」、香りになってしまっていますが、

それが狙いです。


「 特徴がない 」と、個性が無いので、

「 スッゴクいい香り 」にはなりませんが、

「 ちょっと、キツイ 」とか、「 好みじゃないわ ~ 」という香りにもなりません。

( ローズなどの濃厚な香りは、苦手に感じる方も意外と多いのです)



「 万人向けの香り 」というのは、


いわば、「 記憶に残らない、特徴のない香り 」なのかな、と

勝手に解釈しており、

そのようにブレンドして、香りを作っているのですが、


                    DSCN1261.jpg


実際、

「 いい香りだわ 〜 」と言っていただけるのは、


そういう、

「 何の香りかわからない 」、

「 記憶に残らない香り 」である場合が、私は多いのです。

( 印象的な香りが作れない、ということでもありますがあせる


                              DSCN06671.jpg


「 記憶に残らない香り 」というのは、

アロマテラピー的には、「 ん??? (それでいいのか?) 」 なのですが、

(本来、「香り」の情報は、海馬(記憶を担う部位)に残りやすいものなので)、


「 多くの人にとって、不快にならない香り 」というのは、

一瞬で忘れてしまえるくらい、「 サラッとした香り 」なのかな、

なんてことを、思っていますニコ




        バラの精油の香りは苦手ですが、生花のバラの花の香りは大好きですラブ

















スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment