in 日々のこと

四十にして惑わず、五十にして天命を知る

-0 COMMENT

おはようございますニコ


先日、講座にいらしていた、若いお嬢さんの生徒さん達が、


「 不惑の40代 」という言葉をご存知なかったのに、すこし驚いたガーンのですが、


まあ、まだうら若い娘さん達は、そりゃ知らないわな~と、納得でしたにやり


実は私、この「 40にして惑わず 」という、

孔子の名言が真実であることを、

自分が40代になった時に、しみじみと実感いたしました。


もちろん、全く「 惑わなくなった 」わけではありませんが、

若い時には、惑わされていたことなどに、

心乱されることが余りなくなります。

(あんまり、動じなくなってくるんですよね… )


           DSCN17161.jpg


40代になると、何でも、自分一人で考えて決めれるようになりますし、

「 相談するのは、その道の専門家(相談したい分野の)だけ 」、になり、


何か「 こと 」が起こっても、何んとか1人で上手く対処できるようになるものです。

(ふてぶてしくなってくる、ということもありますが… あせる



そして、今度は、

「 天命を知る50代 」になろうとしていますニコ


これは、「 50になると、天から与えれられた使命を知ることができる 」、という意味だそうですが、


 自分のすべきこと、やらなければならない課題 」みたいのものが、

明確になってくる、という意味合いに感じます。


私は、「 40にして惑わず 」ということを実感して以来、


この、「 天命を知る 」ことができるかもしれない、50代になることが、

とても待ち遠しかったのですが、


実際、50になる今年に、私は「 大きな手放し 」をするに至り、


今また、新たな目標に向かって歩き出しています。


挑戦し始めたことが、「 天命 」なのかどうかはわかりませんが、

それが、「 自分のやるべき課題 」に繋がっていくのだろう、

という予感はあります。


            c94817a2e195442880fc26e7b06c993e.jpg


何千年も前に、孔子さんが残して下さった言葉が、

現代に生きる人々の道しるべとなっている…


それは、やはり、孔子さんの言葉が、

「 自分自身で実感した、心からの言葉 」だったから、なのかな、

なんてことを、思ってしまいました…



ちなみに、孔子さんのことわざは、こちらになりますニコ

        ↓

<故事ことわざ事典より、引用>

孔子が晩年に振り返って言ったことば。

『論語・為政』に

子曰く、


吾十有五にして学に志す、(私は十五才で学問を志し、)


三十にして立つ、(三十才で学問の基礎ができて自立でき、)


四十にして惑わず、(四十才になり迷うことがなくなった。)


五十にして天命を知る、(五十才には天から与えられた使命を知り、


六十にして耳順う (六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、)


七十にして心の欲する所に従えども、矩(のり)を踰(こ)えず

    (七十才で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった)」  とあるのに基づく。



           これを見ると、60代、70代になるのも、楽しみになってきますよねラブラブ

             もちろん、こうなれるべく、日々の努力が必要なのでしょうけれど…


                                            d89881ce831243de888953d5a80ed455.jpg


                       道はまだまだ続く






スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment