in 健康学

「ポジティブ」と「ネガティブ」は表裏一体

-0 COMMENT

おはようございますニコ


ここ最近、仕事や勉強に追われている毎日でしたが、


先日は無理がたたって、

ヒドイめまい(立っていられないくらいの)に襲われてしまい、

病院に行って、めまい止めの点滴を打っていただく事態となりましたショック


                  1c689e9819f648048aefa42b780c640d.jpg

※こちらの症状を詳細にお話しすると、より適切な処置を受けれるようになります


早急に処置していただいたおかげで、すぐに元気になりましたが、

もうちょっと、自分をいたわってあげないといけないな~と、

反省しきりでした。



「え? めまいくらいで病院に行ったの?」と、言われましたが、


「めまい」がひどい場合は、

何かしらの病気(脳や耳などの異常)が原因である場合も多いそうですし、


また、吐いてしまう程の「めまい」は、

放置しておくと、体力の消耗を招き、

症状を悪化させてしまうと、回復を遅らせることになりますので、


安易に考えずに、速やかに病院に行かれることを、おすすめします真顔


                                             DSCN2024.jpg


私は、体調の変化にすごく過敏なところがあり、


少し異変があると、

「大丈夫かな? 心配だから、とりあえず診てもらおう」と、

必ず病院に行くのですが、(とはいっても、年に数回です)


そんな風だと、

「すっごいネガティブ! 大げさですね~!」と、

呆れられることが、あります。


私はいつも、

何事も、「最悪の事態」を想定してしまうのですが、


実は、その私の「ネガティブ」な面が、

とても良く作用することも、多々あります。


というのも、

「最悪の事態」を想定すると、

その「最悪の事態」を回避する方法を考えるようになり、

そして、「回避できるように行動する」よう、心がけると、


結果的に、想定していた「最悪の事態」にならずに済むようになります。


DSCN19041.jpg 「光と影」のように、「ネガティブ」と「ポジティブ」は、表裏一体…


つまり、 「ネガティブ」な思考が、「ポジティブ」な結果をもたらすことが、よくあるのです。


逆に、 「ポジティブ」なことばかりに目を向け、

「ネガティブ」なことを見ないようにしていたら、大失敗してしまった

という経験も、多々あります。



これは、精油やハーブを扱う際にも、同じことが言えます。


70edc5b7f78b4488b8edf653a5aafc1b.jpg ※作用が強いものは副作用の可能性も強いです


精油やハーブの、

「ポジティブ」な有効作用にばかり目を向けて

「ネガティブ」な危険性をおろそかにしていると、


結果的に、とんでもない事態(体調を悪化させてしまう、など)を招いてしまっているケースが、

実は、頻繁に起こっています。



「光と影」のように、「ポジティブ」と「ネガティブ」は表裏一体で、


「ネガティブ」な面を受け入れなければ、

「ポジティブ」な状況を生み出すことも困難になってしまうのかな、と感じました… 真顔




                                                DSCN19001.jpg







スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment