in 手作り化粧品

自然素材の‟しっとり日焼け止めクリーム”

-0 COMMENT

今日も良いお天気ですね晴れ


でも、さすがに日射しが強くなってきて、

「日焼け」が気になり始める時期になってきました真顔


ご存知のとおり、紫外線が地上に降り注ぐ量は、

2月頃から増え始め、5月にはかなりの紫外線量になります。


※画像をお借りしております

日射し01

もう、真夏と同じくらい(もしくは多い)の紫外線量になってますねガーン


外出する時は、日焼け止めクリームやローションを塗らないと、

かなりのダメージを肌に与えることになってしまいますショック



ということで、昨日、生活の木・町田モディ店さんの

「手作り日焼け止めクリーム」の店頭ワークショップに、私自身も参加して参りましたラブラブ


「え?アロマの先生が、そんな初心者向けの講習会に参加するの?」と思われるかもしれませんが、


「生活の木」さんなどの、大手のショップで開催される手作り化粧品の講習会は、

何回も試作を重ねた上で、「これが最良!」と開発されたレシピが紹介されますので、

とても勉強になるんですほっこり


DSCN1647.jpg

※シアバターなど、自然の保湿成分がタップリと使われていますラブ


「日焼け止めクリームを塗ると、肌がパサパサになって、乾燥が気になる… 」、

「ナチュラルな素材の日焼け止めクリームでないと心配で… 」

などといったことから、

「日焼け止めクリームを普段の外出時には余り使わない」、ということをよお聞きしますが、


世の中には比較的安全性が高く、できるだけ自然素材(シアバターなど)を使用していて、

かつ、お手頃価格の日焼け止めクリームも販売されていますし、


こうした自然素材で保湿成分もタップリと入った日焼け止めクリームを手作りすることもできます。


これからの季節は、外出時には是非とも日焼け止めクリームを塗ることをおススメします。


DSCN1651.jpg


「自分で作ってみたい!」という方は、                 

アロマショップなどで開催されているワークショップなどに参加したりして、         

安全な作り方を覚えれば、手軽にご自身で作れるようになりますニコ         

         









スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment