in 日々のこと

「心地いい」と感じられることが大切

-0 COMMENT

突然ですが、先日「ライブ」に行ってまいりました。


主人が買ってきたCDをきっかけに、最近毎朝聴いている、とても優しい歌声の

「結香」さんの生ボイスを聴きたくて、11月の雪の日の夜に渋谷まで出かけました。


DSCN1122.jpg


アーティストのライブに行くなんて、ン十年ぶりだったこともあり、

もう、ドキドキ。


私にとっては、渋谷のお洒落なライブハウスに行くだけでも結構大変な勇気がいりましたが、

どうしても直に「結香」さんの歌を聴きたくて、主人に頼みこんで連れていってもらいました。


やはり「生」で目の前で聴く音楽は違います。


ライブで聴く「結香」さんの歌声は、私の全身の細胞に響きわたり、自然と涙が溢れ出てきました。


その涙は悲しい涙ではなく、「結香」さんの歌声で「心の奥底まで震えた」ことによって、

私の奥にある何かから、湧き出てくるように流れた「歓喜の涙」でした。


そして、心を込めて(それが押しつけがましくなく、本当に自然に)歌う「結香」さんの思いが

会場中に溢れ、「結香」さんが1曲歌う度に会場の空気がドンドン澄み渡っていくように感じました。


ステージが終わった後には、澄み切った優しい空気が満ちていて、私もとても幸せな気持ちになり、

それがただただ「嬉しく」、「結香」さんに対して「ありがとう」という思いで一杯になりました。


そして、これこそが「プロのおもてなし」なのだと、「結香」さんのステージを見て感じました。


「結香」さんの美しい歌声は、決して押し付けることなく、私たちに優しく寄り添い、

聴衆に「心地良い」と感じてもらえるようにという、深い配慮と思いやりに溢れていました。


お客様と対応する時に必要とされる大切なことも、「結香」さんに教えていただいたように思います。


rosadamascena01.jpg



人は、「心地いい」と感じた時にはとても脳の働きが良くなるのだそう。

つまり、「心地いい」と感じることが、心身の健康の維持には必要不可欠なことなんですよね。


「音楽」は、私達に「心地よさ」をもたらしてくれる最たるものと思われます。


これからも、お気に入りの「音楽」を聴いて「心地よく」なって、元気に過ごしたいと思います。





スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment