in アロマテラピー

「アロマセラピスト」って?

-0 COMMENT

今日も爽やかな秋晴れですね。

(沢山お洗濯できてウレシイ♡)


私ごとですが、この週末は久々に何の予定も入っていない!

ので、朝から溜まった家事をしながらのんびりと過ごして

おります。

(とは言っても、夕方からは所用がありますが… )


お仕事に追われる日々はありがたいことですが、

たまには「何にもしなくていい」、「どこにも行かなくていい」

時も必要だな~と、しみじみと感じます。


でも、のんびりしてても、ついついお仕事のことを考えてしまいがち…


182a82578f8721e3db24d6b1c2adf6e9.jpg ※今度、久々にトリートメントを受けに行く予定ではあります


こんな風に何もかも忘れてゆったりとした時間を過ごせたらいいな~とも、思います。


アロマトリートメントは、少々お値段が張るのと、所要時間がかなり取られてしまうのと、

受けるために予約やら準備やらと、何かと面倒な手続きが多いのもあって、

気楽に施術を受けられない、というのが実情ではあると思われます。

(その辺を、もっと改善していかないといけませんね。)


アロマトリートメントを受ける理由はお客様によって違うと思われますが、

私の場合は、

「何もかも忘れて、リラックスしてリフレッシュしたい!」という時に受けたくなります。


そして、日常の雑事に追われて、「自分自身にちゃんと注意が向けられていない」時に、

信頼できるセラピストの方に、自分の心身をチェックしていただく、という目的もあります。


ここで大切なのは、「心身を安全にケアすることができる」セラピストの存在です。


英国のIFAやIFPAなどの国際資格の認定アロマセラピストになるためには、

地獄(私にはそう思えました)のような特訓と試験と課題を乗り越えなくてはなりませんが、

日本のAEAJの認定アロマセラピストになるのも、とても大変です。


認定アロマセラピストになるためには、多額の費用が必要な上に、授業や試験勉強、課題の提出などに追われることになり、そのためか、アロマセラピストになることを志して下さる方は、とても少ないのが現状です。

(認定アロマセラピストになるには約1年半程の日数がかかってしまうのも、「お手軽でない」と、敬遠される理由の一つではあります。)


ですが、「セラピスト」となるには、やはり人の心身に対しての、それ相応の知識と確かな実技の

能力が必要であり、その為にはある程度の期間をかけて反復して訓練を積み重ねることが必要である

のは間違いないことです。

(人様の肌に直接施術して心と身体をケアする資格が「お手軽な資格」(無試験で数日間の実習だけでなれるような)であるはずはないので、認定アロマセラピストには試験と一定の訓練期間が課せられているのだと思います。)


とはいっても、高額の授業料と勉強に費やす膨大な時間を捻出するのは、とても大変なことだと思います。


だからこそ、その幾多の困難を覚悟の上で認定アロマセラピストを志される方々には、

心からの感謝と敬意を感じずにはいられません。


私も、多くの方々のサポートと、お客様のおかげでアロマセラピストとしてお仕事を続けることができました。


salon01.jpg


これからは、もっと積極的に、少しでも「アロマセラピストを志す方々」のサポートができるようなことをさせていただけたらな、とも思っております。







スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment