in メディカルハーブ

薬草香園に行ってきました ― その1

-0 COMMENT
関東は梅雨入りし、今日もどんより曇っています。(雨は、降ってませんが… )

過ごしやすく爽やかな5月は、あっという間に終わってしまいましたが、
先月末の、よく晴れた日曜日に、埼玉県の飯能市にある、
「薬草香園」に行ってまいりました。

ここは、”生活の木”さんが経営してらっしゃる、気軽に訪れることができるハーブ園で、
収穫されたハーブを使って作った美味しいお料理がいただけるレストランや、パン屋さんなどもあります。


コモンマロウ02

ハーブ園に咲いていた、「ブルーマロウ」

ブルーマロウは、「ウスベニアオイ」という名でも知られていますが、
アントシアニン色素を豊富に含んでいて、お茶にすると、とても鮮やかなブルーになります。

コモンマロウティー
※画像をお借りしております。


そして、このブルーのお茶にレモンなど、酸性の食べ物を加えると… 

マロウ・ピンク
※画像をお借りしております。

鮮やかなピンク色に変わることは、とても有名ですね。

見た目に美しい、このハーブは味にクセがなく、飲みやすいのも特徴ですし、

粘液質を含んでいるので、胃腸の調子を整えることもしてくれます。


<ドライハーブは、こんな感じ>

マロウ・ハーブ01
※画像をお借りしております



ドライハーブは、よく使わせていただいてますが、
生のお花を見ることができたのは初めてで、とても嬉しかったです・・・

marrow01.jpg


マロウ・ブルーはとても優しいハーブですが、その性質が姿形にも表れていて、
すごく、優しいお花でした。







スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment