in 美味しいもの

赤い宝石

-2 COMMENT
もう夏が来てしまったかのような暑い日が続いておりますね。

今日は曇り空ですが、それでも蒸しむしと暑いです。
( くれぐれも脱水症などにはお気を付け下さいませ。)

季節が変わると、人の心身もその変化の対応に追われ、その分、免疫などが弱りやすいのだという
お話しを聞いたことがあります。

これは、私も身をもって感じることでして、特に気温と湿気の両方が上昇する5月下旬~6月中旬の頃、
そう、まさに今の時期が最もしんどくなります。

元気が出ない、心身ともにパワーが足りない。
ヤル気が出ない。

そういう時には、「赤い食べ物」が効果的なのだそうです。

「赤」は、色彩心理学においても「ヤル気」を引き出す色だそうで、
私自身も、昔から「赤い食べ物」が大好きでした。

疲れた時には、真っ赤な梅干しをパクリと1個丸ごと食べたり、
真夏はトマトを丸かじりしたり。(スイカも赤いですね)

トマトの赤は「リコピン」という色素。 抗酸化力がとても強いのだとか
トマト01

※画像をお借りしております。


また、色彩学の先生から、朝食に「赤色の食べ物」を摂ると、とてもパワーが出ると、習いました。
(私も、朝は紅茶(これも赤い)とニンジンの入ったジュースを毎日飲んでいます。)

ニンジンも「赤い食べ物」に入れてます。 βーカロテンがタップリ入ってます。 目や粘膜の保護に。
ニンジン01
※画像をお借りしております。


そして、贅沢な「赤い食べ物」は、とっておきの苺ジャム!

01イチゴジャム
※イチゴの赤はアントシアニン色素から。 目にとっても良いのだそうです。

「赤い宝石」とお呼びしておりますが、天然酵母の薫り高い美味しいパンを作っていらっしゃる、
ローリエ様の苺ジャムです。(ローリエ様の苺ジャムの記事は※こちら

国産の苺を使って、レモンとグラニュー糖(お水を使わないで)だけで作られた、珠玉の一品。

余りの美味しさに、私の家族は「何で、こんなにオイシイの~!」と叫ぶほど。
(美味しいのはもちろん、食べると本当に元気が出ます。)

「赤い植物色素」には、強い抗酸化力を持つ成分が多いです。
(植物の色素は、含有成分からもたらされるもので、その色が何色なのかは、とても意味があります。)

植物の抗酸化作用を持つ成分は、暑さで受けるダメージを軽減してくれますし、
野菜や果物の適度な酸味は暑さで低下しがちな食欲を増進してくれます。

ということで、私も今から「赤い食べ物」をいただきます!
(植物の恵に感謝しつつ… )











スポンサーサイト
  • Share

2 Comments

ローリエ  

こんにちは~

今頃、コメントも恥ずかしいのですけど・・・・( *´艸`)

ジャムをほめてくださってうれしいです。
自分が好きで作っているだけなんですけど~

また来年も作ります!

ブログは夏ごろに復活できたらいいな~と思ってます。

ではまた~

2016/06/07 (Tue) 09:17 | EDIT | REPLY |   

MY・Linden  

ローリエ様、こんにちは~(^^♪

コメントありがとうございます。

ここ最近、今までの疲れがドッと出て体調が最悪でしたが、
先日、注文させていただいたローリエ様のパンのおかげで、
随分と元気になりました。

苺ジャム、本当に美味しいです💛
また、来年も宜しくお願い致します。

そしてローリエ様のブログの復活、楽しみにお待ちしております。

季節変わり目の折、くれぐれもご自愛下さいませ。

2016/06/07 (Tue) 11:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment